福祉 アンケートについて

福祉におけるアンケートの効果

福祉というものは、公共性のある行為ですし、ボランティアで行われていることも多くなります。
ボランティアであるということは、働いたとしても、給料が支給されるわけではありません。
一般の給料が支払われる仕事では、顧客のニーズを把握することから、開始する必要があります。
顧客のニーズを把握すると、次にそれにいかに応えるかという、努力が行われるのです。
すなわち、そうした一連の流れが、一般の経済活動においては、常識的に行われています。
これに対してボランティア活動は、経済活動を伴わないために、ニーズの把握が不十分になりがちです。
そこで活用されることが増えてきているのが、アンケートを用いることです。
例えば、ボランティア活動を受けた対象者に対して、アンケートを実施するのです。
具体的には、ほかの受けたいサービスの有無や、現在受けているサービスに対する意見を集めます。
そうした意見を集約することで、サービスを向上させる効果が、アンケートにはあるのです。

Copyright(c) 福祉 アンケート All Rights Reserved.