福祉 アンケートについて

福祉制度にとって大きな意味があります

福祉制度には、いくつもの問題点があるのですが、そのうちの一つが需要と供給のギャップです。
この制度は、社会的な弱者と言われる人達に対して、社会が手を差し伸べることが目的になっています。
そのため社会全体が、積極的に手を差し伸べなければならないのです。
しかし、単に手を差し伸べるだけでは、積極的な支援になり難いという傾向があるのです。
また、社会的な弱者と言われる人達というのは、社会への発言能力も、それほど高くはありません。
そうしたことの影響が、福祉制度の需要と供給のギャップを生む、大きな背景になります。
そこで活用が期待されているのが、アンケートです。
一般的にアンケートは、大きな効果を期待して、行われているとは限りません。
しかし、この制度においては、その効果がとても大きくなる可能性を秘めているのです。
すなわち、需要と供給のギャップの解消に向けて、大きく前進することに繋がります。
このようにアンケートは、福祉制度にとって大きな意味があるのです。

Copyright(c) 福祉 アンケート All Rights Reserved.